がんはどういった病気なのか?

がんの検査と治療に関して知っておきたい基礎知識

2017年01月12日 18時16分

がんの治療をスタートするには時間がかかります。きちんと診断するためには精密検査と診察が必要です。
がんの治療の大前提としては、治療の効果を最大限に得ることを考えます。
そして、それだけではなくて患者さまの体の負担を最小限にしなければなりません。
たくさんの精密検査とそれに必要な時間は、ベストながん治療をするために必要なことになります。
 
がんの治療方法な日進月歩で、医学研究の成果や技術の進歩によって変化します。
今現在で知られている科学的な根拠に準拠したベストな治療を「標準治療」と捉えています。
 
手術・薬物治療・放射線治療をしたり、それらを併用したりします。
大部分のがんでは標準治療以外の免疫療法・温熱療法・健康食品やサプリメントなどの代替え療法は
科学的にみて有効性は確認されていないのが現状です。
一般的には標準治療を受けることがベストチョイスになるでしょう。
癌細胞そのものに対するアプローチの治療にプラスして、緩和ケアを同時進行するのが普通です。
 
では「標準治療」とはどんなものかをご紹介してまいります。
 
  • 外科手術
この治療方法は癌細胞を外科的に切除するアプローチです。
手術の方法を工夫したり手術する迄に切除する範囲を可能な限り小さくしたりして、
患者さまの体の負担を少なくすることを考えられています。
外科手術をした後の合併症をできるだけ最小限にするように手術の方針が決定されます。
 
入院期間は患者さまの体の状態や手術の方法によって違います。
こういったことから最近は入院する日数も短くなってきております。
患者さまのオペ後の回復がスムーズならば退院して外来通院にスイッチします。
通院して経過をみることも一般的になっています。
しかし、退院は完治ではないことに注意してください。
 
  • 薬物療法
薬物治療の抗がん剤治療の化学療法・内分泌療法のホルモン療法・分化誘導療法・分子標的治療などが有名です。
癌細胞の増殖を薬物によって防ぐ治療アプローチです。
点滴や注射や飲み薬で患者さまに投与するのが薬物療法です。
入院や外来で治療をします。効果と副作用をしっかりと経過観察しながら進めてまいります。
 
  • 放射線療法
癌細胞の増殖を放射線照射によって抑えるアプローチです。
メリットとしてはオペによって体に傷つけたりしないことです。
がん細胞を小さくできる期待ができます。
 
  • 先進医療と臨床試験
 
がん保険のコマーシャルでも頻繁に耳にするのが先進医療という名前です。
しかし医療において最先端治療がベストとは限りません。
標準治療ではないからです。実施できる施設についても極めて限定的で特殊な設備や技術を使います。
開発中の試験的な治療です。臨床試験で評価されなければなりません。
 
新しい治療法の有効性や安全性を調べるのが臨床試験です。
臨床試験の結果として標準治療よりも優れていることが確認できれば、
先進医療も標準治療の位置づけになります。
最新治療の効果が高いこともあります。
しかし、新しい治療方法がそれほど効果的でないこともあります。副作用が強すぎることもあるのです。
こういったことを知った上で先進医療を検討しましょう。
一般的に金銭的には多額な負担になります。

 

関連ページ