がんはどういった病気なのか?

がんはどういった病気なのか?

日本人は人生の中で二人に一人は癌になるという時代です。
身近になっている病気であると言っていいでしょう。
男性が癌になる確率は一生涯で63%という統計があり、癌で死亡する確率は25%です。
女性が癌になる確率は一生涯で47%で癌で死亡する確率は16%なのです。
これは国立がん研究センターがん対策情報センターの統計によります。
 
癌の予防は可能ですが、完璧に防ぐことはできない特徴があります。
癌を予防するには運動不足を解消したり、食生活を見直ししたり、禁煙したりできます。
そういったことを注意していたら癌にならないのかと言うとそうではないです。
 
癌は遺伝子が損傷することによってできる病気です。
ですが癌は他人に感染したりはしません。
一部の癌ではウイルス感染が原因であるかもしれないと思われています。
しかし、実際に癌になるには、さまざまな要因が長期間に渡って影響しています。
 
  • 悪性腫瘍である癌と良性腫瘍はどこが違うのでしょうか?
 
悪性腫瘍である癌の特徴はどこにあるのでしょうか?
1番目「自律性増殖」の特徴があります。
人間の正常な新陳代謝とは別に癌細胞は勝手に自律的に増殖を続けてしまいます。
とどまることを知りません。
2番目「悪液質(あくえきしつ)」という特徴です。
他の正常組織が体に取り込もうとする栄養分を癌細胞はどんどんと奪ってしまうことになります。
その結果、体がどんどんと衰弱してしまいます。
3番目「浸潤(しんじゅん)と転移がある」という特徴です。
浸潤とは癌細胞が周囲の部分に染み出るように広がることです。
そして同時に転移します。転移は体のあちらこちらに飛び火します。
このようにして次々に新しい癌細胞を作ってしまいます。
 
良性の腫瘍は自律性増殖をします。けれども「悪液質」や「浸潤と転移」はありません。
増殖するスピードは良性の腫瘍の場合は悪性腫瘍の癌と比較するととてもゆるやかなものです。
良性腫瘍の大きさとかできた箇所によって、いろいろな症状がおっこります。
ですが良性腫瘍の場合は外科手術をすれば再発することはまずありません
 
良性腫瘍の代表的な病気には「子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)」「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」
「皮様嚢腫(ひようのうしゅ)」
があります。
こういったものは、それほど心配することはありません。
ですが良性腫瘍であっても「脳腫瘍(のうしゅよう)」もあります。
脳腫瘍は発生した場所によっては重篤な症状になることも珍しくありません。
臨床経過をしっかりと観察する必要があるでしょう。


癌治療